記憶と軌跡

いつの日か 世界は 共に歩む   act:7   融合

・ いつの日か 世界は 共に歩む    ゆき編 ・

act:7   融合


雪華「雪華!!」

「触らないで!」

怒鳴られて 思わず駆け寄ろうとした 足が止まる。

かわりに振り向いて 槍の飛んできたほうに向かって 叫ぶ。

雪華「コギーちゃん どうして・・・!!」

コギー「あのネ 探し物のバショ わかったの」

雪華「そんなことっ・・・!」

コギー「ある場所で 2人の人間が1ツになッタ その時に 強いエネルギーが起きた」

その言葉に はっとする。

2人の人間が 一つに・・・?

コギー「特定の条件で ソレが起きると 『欠片』と呼ばれるモノが出来る」

雪華「『欠片』・・・」

コギー「ウン。 ねぇ雪ちゃん ソノ雪華も雪ちゃんなんだヨ? 元に戻るのが自然ダヨ」

「今は だめ・・・」

細い声で 『雪華』が言う。

コギー「1人の人間に戻ったとき 主導権を握るのは 強いほう。 今なら雪ちゃんだネ」

雪華「記憶も 戻る?」

コギー「そうソウ。 だから、ね? 今のウチだよ」

雪華「『雪華』は どうなるの?」

コギー「どうにもナラナイよ 元に戻るだけ。 ゲームの中ダケの存在」

雪華「もし『雪華』が 主導権を握ったら・・・?」

コギー「どっちデモいいヨ」

めんどくさそうに 言い放つ。

雪華「コギーちゃん・・・?」

思い出す。

さっきの槍は

私を狙ったのだと・・・

コギー「『欠片』さえあれバ 私がホンモノになれる。 私ガ勝てるの」

夢みるように

・・・いや

思い詰めたように コギーちゃんが天を仰ぐ

雪華「あなたは・・・」

「そうよ そのキャストは アタシと同じ・・・」

コギー「だからホラ 雪チャンも 記憶取り戻すの ・・・早くしナサい!!」

突然 見えない力に 跳ね飛ばされる

横たわったままの 『雪華』のとなりに。

そしてまた 空気が振動して

世界がブレ始めた・・・

違う

ブレたのは世界じゃなくて

私・・・!!

激痛が 走る

『雪華』が 刺されたところ、だ・・・

そして

痛みとともに

記憶が 彼の姿が 浮かび上がる


 凍てつくような 星空の元で

 私はあなたと 一緒にいる


星座、わかる?

「お前は 魚座w」

そうだけど ちがーう!

今の時期見えないしw

「俺の星座は?」

ナイナイ。 あなたやぎ座でしょ?

「なんで生まれた月に 自分の星座が見えないんだ」

仕様です

「おまw ソニチみたいなこと言うな!w」

あははw あのゲームおもしろいよね♪

「そうだな おかげで出会えたからな」

うん・・・あ、もうそろそろじゃない?

「おう、今23時・・・58分かな」


 私がクリスマスに贈った腕時計をみて 彼が答える

 もう一度 2人で星空を見上げる

 カウントダウンが 始まる

 あなたに出会えた 今年に感謝して

 誓おう

 今日をずっと忘れないと

 これからも 傍にいると

 花火があがった


今年も よろしくお願いします♪

「おう。 今年も これからもずっと 俺が傍にいてやる」

えへへ 嬉しいな♪ ・・・何、じっと見てw

「いいや。 好きだよ 『真由子』」


「雪華・・・ しっかりしなさい ちょっとアンタ!!」

気を失いかけていたのか 『雪華』の声で 我にかえる

左手の リストバンドが 光を放っている

これが 『欠片』・・・?

「だから まだダメだって言ったのに あぁ どうしよう 誰か・・・」

姿なき『雪華』の 狼狽する声が 聞こえる

誰か・・・

いつも私を 助けてくれた彼

今なら 呼べる・・・

俺を呼べ!!

「イオリ 助けて」
雪華「剛さん 助けて」

頭の中の 『雪華』の声が

私の声が

静かな空間で 響いた。

【to be continued】
[PR]
# by sakurayukika | 2007-12-25 10:18

いつの日か 世界は 共に歩む   act:6   記憶

・ いつの日か 世界は 共に歩む    ゆき編 ・

act:6   記憶


(ごめんなさい 伊織さん やっぱり 私一人じゃ 何にも出来なかった

「どうして 一人なんだ? どうして 俺を呼ばない?」

(私は 誰かに頼って 誰かに迷惑かけて ばっかりだから・・・

「頼るのは 悪いことじゃない 迷惑でもない 少なくとも 俺にとっては」

(『雪華』に言われた 最初から諦めてるって ショックだった・・・本当のことだから

「お前が 努力していることは みんな知っている だから 助けたいと思っている」

(イオリさん どこにいるの

「ここに。 いつでも 見てるよ」

・・・お願い 力を 貸して


コギー「いいヨ。 ちょっとダケね?」

返事は 予想外のところから 唐突に聞こえた

吹き飛ばされた時 コギーちゃんの足元に転がっていったのだろう

・・・でもコギーちゃん

どうして

笑っているの?

「・・・あなた・・・ アタシの邪魔をするの?」

『雪華』が 怒りに満ちた声で問う

コギー「不完全のまま奪ってモ アナタではどうにもできないカラ」

「知っているなら 邪魔しないで!!」

先ほどの 炎の塊が コギーちゃんを襲う

それは

コギーちゃんを包んだかと思ったら

急速に 霧散した・・・

「なっ!?」

コギー「オリジナルの力が 知れてるカラねw」

ニッコリと 笑わない瞳で 笑顔をつくる

コギー「雪ちゃん。 ダーク雪ちゃんを倒せるのハ 雪ちゃんダケだからね」

驚きで 呆然としていたのと

言われた言葉の 意味を掴みかねていると

コギー「足止め してアゲル 頑張ってw」

言うと同時に 『雪華』の足元に 円陣のようなものが 現れ

同時に 『雪華』が後ろに飛びのく・・・ことは できなかった

見えない何かに引っ張られたように ぐん、っと円陣の上に戻された

「っ! こんなもの!!」

剣を床に突き立てて 円陣を崩そうとする

ヴゥン・・・ と鈍い音がして 剣が弾き返され

四方から放たれた雷撃が 『雪華』を襲う・・・

雪華「コギーちゃん! 私大丈夫だから!」

コギー「無理ダヨ」

あっけらかんと断言されて 絶句する

コギー「雪ちゃん優しいカラ。 ね? 今のウチだよ」

差し伸べられた手を 思わず弾いて。

雪華「私は! 本当は戦いたいわけじゃない・・・!」

コギー「じゃあサ 伊織さんは どうナルの?」

思わず『雪華』を見る。

右手をだらんと垂らして こちらのやりとりを見ている

雪華「お願い イオリさんは どこ?」

「知らないって 言ってるじゃない・・・」

コギーちゃんを睨んだまま 魔道具を出現させ

しかし 魔道具は 何もせずに消えた。

コギーちゃんが 片手銃を構えていた。

『雪華』が 舌打ちする

コギー「雪ちゃん いいコト教えてアゲル ソノ『雪華』が 雪ちゃんの記憶を奪ったンだよ」

少し楽しそうに コギーちゃんが言う

雪華「え? 何の・・・記憶?」

先ほどの フラシュバックが 脳裏によみがえる・・・

コギー「記憶が なくなっテルことも 覚えてナイノ?」

やれやれ、といった調子で 首を振る

コギー「じゃあもうイイや やってみなヨ」

言うと同時に 円陣が消える

『雪華』は 武器もださず 動かない。

私も武器を置いて 少しずつ近づいていきながら 話かける。

雪華「私の 記憶・・・ ここではない どこかの記憶」

雪華「いつも私を 支えてくれた 誰か ・・・あなたには わかるの?」

「・・・わかるよ アタシの持ってる記憶が アタシのものじゃないことも 知ってる」

雪華「私の記憶を 奪ったの?」

「違う 気付いたら持ってた アタシのものだと 信じたかった ・・・ねぇ」

少し うつむいたその表情は 読み取れなかったけど。

「アタシは 誰なの?」

泣き出しそうな その声は

この世界にきたとき 最初に「聞いた」声に似ていて・・・

手を伸ばせば 触れることのできる位置まできた そのとき

『雪華』が 突然顔を上げて

私を 突き飛ばして

雪華「っ!」

尻餅をついて 驚いている 私の目の前で

スローモーションのように

どこからか 飛んできた槍が

『雪華』を 貫いた・・・

【to be continued】
[PR]
# by sakurayukika | 2007-12-19 12:50 | 小説

いつの日か 世界は 共に歩む   act:5   対決

・ いつの日か 世界は 共に歩む    ゆき編 ・

act:5   対決


雪華「・・・雪華」

「捜してたんでしょう? 来てあげたわ」

クスクスと 笑う『雪華』を 睨みつける

雪華「イオリさんを 返して」

「知らない」

雪華「ふざけないで!」

「ふざけてないわよ? だって 知らないんだもの。

 ね、それよりさ ちょっと渡してほしいものがあるんだ」

不気味な静けさ

ピンと張り詰めた空気

嫌な汗が 頬をつたう。

知らず知らずのうちに リストバンドに手を重ねていた。

視線だけで 周りを窺う。

と、気づく。

・・・コギーちゃんが いない?

いや

『雪華』の左手

昇空殿からみえる 最高の景色を背負って こちらを見ている

表情は 逆光で見えない

「さてと 覚悟してもらおうかな」

近づいてくる気配に 注意を戻して。

雪華「何がほしいの?」

言ってから 気付く。

彼女は 私になりかわろうとしている。

同じ存在は 2つも 要らない・・・

一呼吸で 間合いを詰めてきた『雪華』の手には 紅いセイバー

「アンタが持ってる 全部よ!」

バチィッと するどい音をたてて

私が出した 蒼いレイピアとぶつかる

セイバーが 思ったとおりに出たことに 内心安堵しながら

雪華「あげれない。 すべてが 大事なものだもの!」

振り下ろされた 燃えるような『雪華』のセイバーを 1歩引いてかわす。

「覚えてもいないクセに!」

そのまま突いてきた剣を 危うく柄で受け流して

雪華「!! どうしてそれを?」

流した勢いのまま 半歩離れた

「・・・不完全、だもの。 ソレ」

視線で 私の腕を示す

雪華「・・・え?」

「まぁ、奪ってから じっくり考えることにするわ」

『雪華』が 左手にも セイバーを出した。

私は 一瞬迷って 首筋に手を伸ばす・・・

長大な細身の剣が 姿を現した。

「慣れないこと するもんじゃないわね!」

そう、本当は 魔道具を出そうと 思ったのに

「そんなんで アタシの動きに ついてこれるっての?」

斬りかかりながら 『雪華』が呆れたように 笑う

大剣を両手で構えて なんとか左右に捌きながら

雪華「・・・これでも! 剣道の段位、持ってんだから!!」

だんっ、と 1歩踏み込んで 薙ぎ払う

そして

自分の言葉に はっとする

剣道?

大きく距離をとった『雪華』が ニヤリとした

「ふうん? じゃあアタシを倒してみなよ!!」

顔の前で 両剣を十字に構えて 突進してくる!

・・・そうだ

確かに 私は この武器を 知ってる

後ろに半歩下がってから 右前に向かって体ごとかわす

着地した『雪華』が 振り返って 舌打ちする

「今までだったら アタフタして喰らってたのにね?」

雪華「負けないから!」

震える手を なんとか鎮めようとする。

そこへ 体勢を低く構えた『雪華』が

そのまま一足飛びに こちらへ飛んできたところを 今度は左によける

「避けてばっかじゃ アタシには勝てないよ?」

絶対に 私はこういう笑い方はしない、と誓うような

ねっとりとした笑みを浮かべて。

大振りしてきた 左の剣を弾いて避け

右の剣を やりすごして

雪華「・・・ゲームと違って いろいろできるんだから!」

がら空きのわき腹に 避けた勢いのまま 回し蹴りを入れる

当たった感触は 思ったより鈍くて重かった。

一瞬だけ 顔をしかめて

「いい加減 諦めなさい!」

ふわりと熱気が 『雪華』を覆う。

剣の炎が 渦を巻いて 球体になったそれを こちらに向かって投げた

雪華「!!」

思ったよりも 早いスピードで飛んできたそれを

・・・避けきれない!!

首だけで頭を逃がす

耳が熱い

そう思った瞬間

触れただけの球体に 体ごと吹き飛ばされた・・・

【to be continued】
[PR]
# by sakurayukika | 2007-12-16 14:17

いつの日か 世界は 共に歩む   act:4   迷走

・ いつの日か 世界は 共に歩む    ゆき編 ・

act:4   迷走


「私も もう一人の自分に会った」

コギーちゃんは 無表情にそう言った

無表情なのに 悲しいような 怒っているような

そして

それだけを言うと

背中を向けて 少し離れて 振り向いて言った。

コギー「行こ?」

少し寂しそうにもみえる その微笑を見て

別れるべきだと 思っていたのに

さっきの らしくない言い方と

悲しいような 目とを思い出して

・・・結局 もう少し一緒にいることにした私は

彼女のほうへと 歩き出した。


さきほどの イースレイさんを探せ、というのは

グラールに『存在』していた人全員に届いていたらしい

誰が どうやって

誰にもわからないことが 私にわかるはずもなく

そして イースレイさんの情報を 何も持たない私と

それよりも 探し物を優先する、というコギーちゃん

2人は 昇空殿の広間に立っていた。

雪華「巫女さんがいる・・・ 占う?」

コギー「巫女服、モエモエだねw ゆきちゃんも持ってたら・・・」

雪華「うん、着ない。 探し物、探し人。 占ってください」

ちょっと冷たいかな、と自覚しつつ 巫女さんに向き合う

巫女さんは じっとこちらを見つめて・・・

・・・

・・・ ・・・

・・・ ・・・ ・・・

雪華「無理っぽいね?」

諦めかけた そのとき

巫女さんの口が動いて 男性の声が

「オ・モ・イ・ダ・セ」

同時に 耳鳴りが 私を襲う・・・

雪華「・・・っ!!」

耳を押さえて うずくまった

「モ・ド・ッ・テ・コ・イ」

声は 続ける

「オ・マ・エ・ノ イ・ル・ベ・キ・バ・シ・ョ・ヘ」


瞬間

フラッシュバックのように

景色が 脳裏にひらめく

桜の花びらが舞い

海の白波が押し寄せて

赤く染まった山々を飛び越えて

白い大地に転がった

それのすべてを 知っているのに

それは どこなのかが わからない

そして聞こえた ざわざわ、という 音・・・

「・・・はどこまで」
「今回・・・」
「どうして・・・」
「・・・見てごらん」
「・・・あげる」
「だからここで・・・」
「・・・ございます」
「こんにちは」
「あはは」
「もう・・・」

複数の人の声が重なって 何を言っているのかわからない

フラッシュバックは続く

炎を囲んで

プールで泳いで

花を愛でて

風にショールが舞った


誰かが 私の手をとって

うつむいていた顔を 前に向けた

「帰ろう」


まぶたを開けると

そこに

『雪華』がいた・・・

【to be continued】
[PR]
# by sakurayukika | 2007-12-15 14:06 | 小説

いつの日か 世界は 共に歩む   act:3   通達

・ いつの日か 世界は 共に歩む    ゆき編 ・

act:3   通達


「アウク? 聞こえる?」

アウク「もちろん ずっと聞こえてるよ」

「そっちはどう? 何かわかった?」

アウク「まだ何も・・・ 情報がなさすぎて ユイと頭を抱えてるところ」

「そっか・・・ こっちもまだかかりそうだから。 また連絡するね」

アウク「気をつけてよ? ソレもまだ『未知』なんだから」

「大丈夫。 うまくやるわ。 じゃあね」

通信を切り とある方向をみて ため息をつく。

「覚醒する前にアレを奪って アウクたちと合流したいところだけど」

青い髪のビースト女性が 木に向かって何度も鞭を振っている。

かなりの距離があるが 特殊技術が施された目なので 服の柄さえも見える。

「あれじゃ、ねぇ・・・ 不安だわ」

その目を閉じて 瞑想するように深く息を吸い

ため息のように吐いて その女性と

もうひとつ、彼女に近づいていく影を 見つめていた。


そしてこちらでも ため息ひとつ。

雪華「んもう・・・ なんで狙ったところに当たらないのっ」

鞭に向かって話しかける。

雪華「言うこと聞かないと 捨てちゃうよ?」

これでは、たとえもう一人の雪華を見つけたとしても 勝てる見込みなどない

雪華「テクもうまくいったのはあの時だけで なんか調子悪いし・・・」

左肩に浮いているキツネの形をした魔道具を見つめる。

雪華「このナノトランサーも 上手に出るときと出ないときが・・・」

槍、槍と思って手を伸ばす・・・ 現れたのは弓だ。

弓を引くにも、威力はビーストのままなのだが 命中や速度に関しては全くダメである。

肉体の性能に精神がついていってないという感じで

初めてガ○ダムに乗ったアム○もこうなのかな、と 見たこともないアニメをなんとなく思う。

雪華「・・・PSUでも足手まといだったのに これじゃ今まで以上だぁ」

ちょっと涙が零れそうになる

雪華「・・・イオリさん」

空を見上げて 思いを馳せる

いつも画面越しに見ていた伊織さんと

引き込まれた時のあの出来事で 驚愕の表情を浮かべた伊織さん

どうせこの世界にいるのなら みんなの笑った顔がみてみたい、と思う

字面だけではわからないことも きっと今話ができたら理解ができると思う

無意識に 左腕のリストバンドに 右手を重ねる・・・と。

コギー「雪ちゃぁぁぁん♪ 今戻ったよ~♪」

飛びつきそうな勢いで コギーちゃんが走ってきた

雪華「おかえりw コギーちゃんは忙しそうだなぁ・・・」

コギー「コギーの裏情報! 仕入れてきました~♪」

雪華「コギーちゃんの探し物? それとも・・・」

コギー「桜の名所!!w」

屈託のない笑顔で言う彼女。

伊織さんの情報はなかったらしい。 私に気を遣ってくれてる・・・

雪華「じゃあ行ってみよっか♪」

笑顔を返す。 ぎこちないかもしれないけど。

コギー「オッケィ♪ こっちこっち」

腕を組むのは彼女のクセなのだろうか?

左腕を取って 一緒に歩き出した。


そこは不思議な場所だった

たくさんの桜の木が 風もないのにさざめいて 

うすピンク色の花びらを あたりに舞わせていた

その中でも格別に大きな 1本の桜の下で

私は何かを・・・ 何かわからない何かを 思い出しかけて 目を閉じていた。

「こっち・・・で こうして・・・ ・・・いから」

木のざわめきで 声が聞こえにくい けど 『彼』だ

「しょうがな・・・ おれ・・・さま わ・・・した」

笑っているような声 でも 桜の花びらが邪魔をして 表情は見えない

あなたは 誰なの?

何て言っているの?

姿を 声を求めて 集中する

そこに

「キャ・・・のほう・・・・ もって・・・たとき げん・・・ ・・・になる・・・」

違う声が割り込む

同じく男性の声 だけど こちらは聞き覚えがないような気がする

「・・・つと ザ・・・違い・・・た きみ・・・・ザー・・・よう」

見下すような 笑いと ノイズのような 音が混じる

ノイズは 通信機から聞こえている 気がして

手を伸ばして 通信機をずらす と

「イースレイを探せ」

突如 はっきりと聞こえた声に

思わず 通信機を落としてしまった

「すべての鍵は 彼にある」

雪華「え? イースさん?」

私の声に コギーちゃんがはっとして こちらを振り返った

コギー「どうかした?」

雪華「どうかしたというか・・・ 今なにか聞こえなかった?」

コギー「ううん。 何モ。 それより考え事は終わった?」

雪華「今 イースさんに鍵がって声が」

コギー「雪ちゃん」

私の言葉を遮り じっとこちらを見る彼女

コギー「あなたガ今しなくテはいけないことハ もう一人ノ雪華から彼ヲ取り戻スコト」

無機質な瞳は キャスト特有だと思っていたけど

それだけじゃない 迫力、よりももっと

まるで

威圧されているような・・・

コギー「伊藤さんってば どこにいるのかな?」

黙った私を 小首を傾げて覗き込む

まるで 何もなかったかのように

さっきの 無機質な瞳とは どこか違う瞳で。

コギー「雪ちゃん?」

雪華「コギーちゃん・・・ 何か知ってるんじゃないの?」

声をしぼりだす。

コギー「ぇー? ん・・・じゃあひとつだけ」

眉を寄せて 声を潜めて 言う

コギー「実はね・・・」

【to be continued】
[PR]
# by sakurayukika | 2007-12-02 11:25 | 小説


小説用です
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31