記憶と軌跡

いつの日か 世界は 共に歩む   act:1   追憶

 ・ いつの日か 世界は 共に歩む    ゆき編 ・        

act:1   追憶



雪が好きだから

雪華(ゆきか)って名前なの

雪華って ホントは『せっか』って読むのよ

雪の結晶をそう呼ぶんだって

キレイでしょ?

「でも 儚くとけて 消えてしまうね?」

そうね

でもきっと 毎年降るわ

毎年 空から 降りてくるのよ

「温暖化だからなぁw 来年も降るかな?w」

もう!

「それにしても寒いな? もう桜も咲いてるのに」

本当ね マフラー持ってくればよかった ・・・あ

「あ」

雪・・・ 舞ってるね

「結構しぶといなw 誰かさんみたいだ」

どういう意味よ!

でも キレイ・・・

「あぁ・・・ 桜のピンクと 雪の白が 見事だな」

誰かさんみたいにキレイ?w

「そうだな」


予想外の返事と一緒に

右肩にはかすかな重み そして

左腕にはあたたかくて硬い 彼の胸があって 

心臓が 飛び出してしまいそうになって

少しズキンと痛くて

痛くて・・・

痛い・・・

痛いのは

心臓じゃない・・・!



雪華「痛・・・ 私・・・?」

コギー「雪ちゃん! よかったぁ~」

雪華「コギーちゃ・・・ どうして」

PSUでは見知った姿の キャストの女性が目に入り

どうしてこんな視点で見ているのか

どうして私が『雪』と呼ばれるのか

そう。

どうして、はわからないけれど

ゲームの中に 引き込まれたらしい、ということを思い出す・・・

コギー「雪ちゃんピクリとも動かないんだもん! 寝てるなら襲っちゃおうと思って近・・・ぁ」

雪華「・・・・・」

考えが頭を巡っている間 しゃべり続ける彼女の 最後の言葉を聞きながして

その間に痛みが、ゆっくりと消えていた。

ただ お腹の辺りの服が少し裂けていたことと

床にうっすらと残る 赤い水溜りの跡のようなものが

さっきの痛みが現実であると、証明していた。

雪華「コギーちゃんが治してくれたの?」

コギー「えへへw ビックリしたよぉ? 血がドバーッてなってて、雪ちゃんのオナカに穴・・・」

雪華「あぅ あの・・・モウイイデス ありがとう」

コギー「なんか雪ちゃんが消えそう?になってたから とりあえずやってみた!」

振りかざした手には片手杖。

消えそうって?と問いかけるより先に

振り上げたついでとでもいうように 「えぃっ」とかけ声をかけ 輝く杖を振り下ろした。

あたたかい空気が、私を包んで

痛みは完全に消えた。

雪華「ぉぉ すごい・・・ ありがとう!」

そして なんとなく自分の手を眺めようとして

自分の手が 何かを握り締めたままなのに気がついた・・・

雪華「!!」

息を飲んで 周りを見回す。

コギー「雪ちゃん?」

雪華「イオリさん・・・ イオリさん、見なかった?!」

コギー「ぇー? 見てないけど・・・ ま、まさか!!

     雪ちゃんをこんな目に合わせたのは伊藤さん?! 今度オシオキ剛掌波を・・・」

途中から冗談っぽく言いながら ポーズを取ろうとする彼女の動きが

私の悲鳴で 止まった・・・



コギー「落ち着いた?」

雪華「うん・・・ ごめんね、ありがとう」

コロニーと思える建物の中

ベンチの一つにかけて、コギーちゃんの持ってきてくれたドリンクを口にする。

雪華「・・・おいしい」

コギー「だねーw あ、ペロリーメイトもあるよw」

ごそごそと小さなポシェットを探る彼女を見ながら

へー、と生返事をし・・・ 手の中の飲み物を見つめる・・・

雪華「あの、、、この飲み物は・・・?」

コギー「コルトb」

雪華「もういいです。」

なんとなく予想がついたところでとめる。

・・・まぁ おいしいからいいか。

もう一口ゴクリと飲む。

さっきと味が微妙に違うような気がしたけど きっと気のせい。

自分に言い聞かせる。

握りしめていたリストバンドは 左腕につけておくことにした。

それを見つめて 思わずため息をついた私に

コギー「伊藤さんも一緒に ゲーム内に引き込まれたのかな?」

私がゲームの中に入ってる、という話を コギーちゃんあっさりとは受け入れた。

彼女も違う場所で あの衝撃と光を感じたという・・・

雪華「うん、たぶん・・・ あの光が弾けた瞬間に」

コギー「う~ん。 他のみんなはどうなのかなぁ」

雪華「コギーちゃんは 引き込まれたとき 何かあった?」

コギー「ん~・・・ ううん、特には」

彼女らしくない 歯切れの悪い返事だな、と思いつつ 詳しくは聞かないことにした。

雪華「イオリさん 大丈夫かなぁ・・・」

コギー「変態さんたちはね、何があっても大丈夫。 今まで何回SUVで吹き飛ばしたかw」

それに、と いたずらっぽく笑って 彼女が続けた。

コギー「雪ちゃんとここでこうして暮らすのも モエw」

雪華「なっw コギーちゃんは、もう!w」

えへへ、と笑う彼女。

いつも場を明るく

そして前向きにしてくれるその笑顔を見ると

とても頼もしくって 救われていると感じる。

そうだ。

心配とか不安とか

考えてるだけじゃ きっと事態は変化しない。

雪華「コギーちゃん 今からのご予定は?」

コギー「雪ちゃんは?」

雪華「私は・・・ イオリさん探さなきゃ」

慣れない機械を駆使しても 通信は途切れたまま・・・

コギー「ダーク雪ちゃんから取り戻すのね♪」

雪華「ダークってw でも、そうね。 連れて行かれたとは限らないけど」

可能性は 高い。

コギー「案外どっかで『やー、困ったなー』とか笑いながらボケっとしてるカモネ」

雪華「それならそれで、ド突かなきゃ!w」

コギー「やっぱりオシオキ剛掌波だね♪ 私も行く!」

雪華「えっ ホント??」

コギー「雪ちゃん泣かせたバツを与えなきゃ♪ それに」

と、目をキラリと輝かせる。

コギー「私も、ちょっと探しものしてるんだ」

雪華「ふうん?? どこら辺にある、とかわかる?」

コギー「ぜんぜんw だからブラブラしてたら雪ちゃん見つけたんだぁ~」

雪華「そっか・・・ じゃあ、とりあえず」

ふと

先ほど見ていた夢を 思い出す・・・

あれは

どこで見た景色で

誰が一緒に いたんだっけ・・・?

雪華「・・・桜・・・」

コギー「桜? ニューデイズ?」

雪華「あ、いやいや。 うん、でも、結局どこに行っても同じかぁ」

コギー「じゃあニューデイズに行ってみよう♪ あの景色が目の当たりにできるなんて」

雪華「うんうんw 山も登ってみたいねw あ、寒かったりしないかな?」

コギー「雪ちゃんにひっつくから大丈夫!」

雪華「なるほどw 寒かったらあっちにもお店あるしねw」

立ち上がってポーズをとったコギーちゃんに続いて 私もぴょんとイスから降りた。

コギー「なんだかやる気出てきたぞー!」

雪華「負けるもんかぁ! 頑張るぞー!」

叫んで 顔を見合わせて笑う。

コギー「あははは ・・・あれ?」

コギーちゃんが 私の襟元に手を伸ばす。

コギー「これ どこからひっついてきたのかな?」

手には 一片の 桜の花びら

雪華「・・・不思議だねw うん、旅の道連れで持っていこう♪」

伊織さんのリストバンドに 丁寧に折り込んで。

誓う

必ず 見つけると

必ず また会えると

信じて・・・

【to be continued】
[PR]
by sakurayukika | 2007-11-01 11:55 | 小説
<< いつの日か 世界は 共に歩む ... いつの日か 世界は 共に歩む ... >>


小説用です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31